マナー 結婚

結婚式の出席には下準備を!

更新日:


人生の大きな出来事の中に今までの生活や環境が大きく変わる「結婚」があります。もしかいたら結婚と聞いて、「婚姻届を出したら終わりでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、「結婚」というのは一生に一度あるかどうかのとても重要な人生選択の一つなのです。友人・知人の結婚式に招待されることがあるかもしれません。

 

もちろん、結婚式にも知っておくべきマナーがあります。やっぱり招待されたからにはビシッとスマートに参加したいですよね。

 

招待される側のマナーを知っていれば、準備する時間も短縮できますし、何より失敗することはないでしょう。

 

そんな時に覚えておくべきことをご紹介していきます。

 

 

 

招待状の返信

 

早めに返信を返そう!

招待状が届いたら、出来るだけ早く返事をするようにしましょう。もし、電話などで出欠の返事をしていたとしても、同封されている返信用のはがきの余白にお祝いの言葉を一言添えてきちんと出してください。

欠席の返信をする場合は、返信はがきにお祝いの言葉、欠席することのお詫び、欠席をする理由を簡単に書きましょう。

弔事で欠席をする場合は、欠席理由をはっきりと書かず、「やむを得ない事情」として返信しましょう。

 

返信はマナーを守って!

返信用のはがきには出席・欠席のどちらかを〇で囲み、必要事項を記入します。はがきには自分の名前に敬語がつけられて、その敬語を消し相手に敬語をつけるように書いていきます。

自分が出席できないため代理人に代わりに出席をしてもらう場合は、招待者に了承を得てからにしましょう。また、返信用のはがきにも代理人に出席してもらうことを書き、招待された人の名前で贈ります。

 

出欠がすぐに決められない場合は!

仕事などの都合で出席できるかすぐに判断することが出来ない場合は、招待者に連絡して相談するようにしましょう。例えば、当日に出席できるかわからないがとりあえず出席の返事をしておいて、途中でキャンセルをするのは招待者にとって大変迷惑になります。

期限までに出席できるかわからない場合は、欠席の返事をしておくと良いでしょう。

 

 

【招待状の書き方】

表面(受け取る人の名前や住所などの宛名を書く面)

相手の名前についている「行」を「2本の斜線で消し、左側に「様」を書く。

 

裏面・本文(伝える内容を書く面)

  • 余白に一言お祝いの言葉を書く。
  • 自分の住所や名前を書く欄の「御」や「御芳」の文字を2本線で消す。

 

出席の場合 

  • 「御」の文字を2本線で消し、「出席」だけを〇で囲む。そして、「御欠席」を2本線で消す。

 

欠席の場合

  • 「御」の文字を2本線で消し、「欠席」だけを〇で囲む。そして、「御出席」を2本線で消す。
  • お祝いとお詫びのメッセージを書く。

 

 

《サトウ》 結婚式の披露宴に招待された時に手放しでお祝いしてあげたいところですが結婚式には細々としたマナーが様々なところにあるので見落としが無いように準備していきましょう。

稀に招待状に同封されているはずのはがきが同封されていない場合があるようですが、その場合はすぐに招待者に連絡し、事情を説明しましょう。

考えられる理由は「準備で忙しくはがきを同封し忘れた」、「何かの事情で同封しなかった」ということだと思われます。

]もし、同封されていなかったとしても返信しなくても良いということにはなりませんので注意しましょう。

 

 


祝電・御祝儀

 

欠席は祝電でお祝いをしよう!

招待されたけど、どうしても欠席しなければいけないときには、祝電でお祝いの気持ちを伝えましょう。電報はネットで24時間送ることができ、花やぬいぐるみなどがついているものなどいろいろな種類ある上に、文例も用意されているので参考にして活用しましょう。

また、電話「115」番でも電報を申し込むこともできるので覚えておきましょう。電報のあて先は披露宴開始の1時間前に披露宴会場に届くようします。

 

披露宴当日に御祝儀を渡す!

本来、招待状を受け取ってから結婚式の1週間前までに結婚のお祝いを持参するのが正式ですが、現在は披露宴に直接現金を持参するのが主流となっています。

現金は、あわじ結びの水引の祝儀袋に入れて、披露宴当日に受付にて渡します。御祝儀だけでなくほかに品物を事前に贈るケースもあるようです。

 

 

【結婚祝いの日程】

  • 式の約2ヶ月前
  • 招待状が届く 早めに出欠を知らせましょう。
  • 式の1週間前  お祝いを贈る場合は1週間前までに贈る。
  • 結婚式当日  披露宴に御祝儀を持参する。御祝儀を事前に贈っている場合は、名前を当日の書くだけ。

 

 

【祝儀袋】

  • 表書き    「寿」「御結婚御祝」など。
  • のし・水引  のし付きで金銀または赤白のあわじ結び。
  • 時期     結婚式当日までに贈る。
  • 金額の目安  友人・部下2~3万円、甥・姪・いとこ2~5万円、兄弟姉妹5~10万円、同僚3万円、上司3~5万円

 

 

御祝儀は新札を!

しわしわになっているお札や破れてしまっているお札はマナー違反になります。古い紙幣はたくさんの人の手にわたっているため穢れているとされているという考えからお祝いには向いていないとされています。

御祝儀に使う紙幣は新札を使用するようにしましょう。銀行で新札に変えてもらうことが出来ます。

 

会費制の披露宴の場合

会費制の披露宴では、会費が御祝儀の代わりになるため御祝儀を別に用意する必要はありません。出席することがお祝いになるのです。

プレゼントを贈りたい場合は、披露宴の1週間前までに相手の負担にならないようなものを贈りましょう。また、会費は祝儀袋に入れる必要はありません。

 

当日の急な欠席

やむを得ない事情で披露宴を欠席する場合、後日お祝いを届けるか、お詫びの手紙を添えて出席時と同じ金額を現金書留で送ります。

しかし、急な欠席は招待してくれた人に失礼ですし、さまざまに迷惑をかけることになってしまうのでしないことが1番です。

 

《サトウ》 欠席することになったとしても祝電でお祝いすることが出来るので、ぜひとも活用してください。

急な欠席は相手に迷惑をかけてしまうだけでなく自身の心残りにもなってしまうと思うので、極力しないでくださいね。

もちろん、私も有言実行しますよ。恐らく、急な欠席はしないでしょう。

 

 


-マナー, 結婚

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.