マナー 贈答

入学や就職など、人生のお祝いにはこれだ!

更新日:


 

 

人生のお祝い

 

入園・入学祝い

 

お祝いは身内が贈る!

入園、入学のお祝いは祖父母や親戚が贈るものであり、日頃から身内同然に親しいのでなければ贈る必要はありません。「入園(入学)おめでとう」と言葉を贈りましょう。

入園、入学祝いはお返しが不要です。もし、身内以外が贈る場合は相手の負担にならない程度の品物を選ぶようにしましょう。また、上の子に贈って場合は下の子にも贈るようにしてください。忘れないよう注意しましょう。

中高一貫の学校では中学入学時にお祝いを贈れば、高校の入学祝いは贈らなくても大丈夫です。受験合格時に「合格祝」としてお祝いしてもいいですね。

 

成長に応じてお祝い金アップ!

お祝いを現金で贈る場合は、

  • 入学祝い    5000円
  • 小学校入学   5000~1万円
  • 中学・高校入学 1~2万円

が目安になります。

親戚の間では、繰り返しお祝いを贈り合うことがあります。あらかじめお祝いの回数や金額を親戚同士で話し合い決めておくといいでしょう。

 

 

【祝儀袋】

  • 表書き   「祝入学御祝」、「祝御入学」。
  • のし、水引 のし付きで赤白蝶結び。
  • 時期    入園、入学の一週間前までに。
  • 金額    5000~2万円(成長に応じて変更)
  • お返し   不要。

 

お返しをする場合!

入学祝いにはお返しは不要です。入学祝いを頂いた場合はていねいなお礼状を作成して送るか、お礼の電話をしましょう。もちろん、子供からのメッセージも添えるようにしてください。

何かお返ししたい場合はお礼状に軽い品を添えて送りましょう。

 

【入園・入学祝いの品】

入園

通園用の靴やカッパなどの雨具、水筒、クレヨンなどの幼稚園、保育園、こども園で活用できるものを選びましょう。ただし、園で決められたものを使用しなければならない場合があるため、希望を聞いてから贈るように心がけましょう。

 

小学校入学

ランドセルや勉強机などは避け(祖父母が贈ることが多いため)、小学校生活で必要になる実用品を贈りましょう。文具セット、鉛筆削り、式などで使用できる洋服などがいいですね。また、名入りの品が喜ばれることが多いようです。

 

中学・高校入学

中学生・高校生は好みが出てくるため本人の希望に沿ったものが喜ばれるでしょう。わからない場合は、自分で自由に出来る図書券、商品券などの品や辞書などの実用品で大丈夫です。

 

 

《サトウ》 入園祝いはちょっと記憶にないですが、小学校、中学校、高校の入学時にお祝いの品を頂いた記憶があります。小学校から順に筆箱、部活の用具、図書券を頂き、とてもうれしくてはしゃいでいましたね(笑)。

そろそろ私の親戚の子が入園するので何をお祝いの品にしようか考えます。小学校でも使えるような水筒とかがいいですかね。

 

 


卒業・就職祝い、成人のお祝い

 

卒業は身内で祝う!

卒業祝いは入学祝いや就職祝いと重なってしまうため、盛大に祝うことは少ないそうです。卒業祝いは身内で祝うお祝いなので、これまでの努力を家族でしっかりねぎらってあげるようにしましょう。

高校を卒業し,大学を受験したものの失敗した時はお祝いをするか迷うかもしれませんが、卒業は一つの節目になるのでお祝いをするに越したことはありません。受験での失敗を次に生かせるよう、元気づけてあげましょう。

 

記念になるものを成人祝いに!

このお祝いも身内で祝うものなので、家族で付き合うほど親しい人以外は、贈らなくても大丈夫です。親戚に贈る場合は、アクセサリーやバッグ、時計など大人の仲間入りをする記念になるようなものを選ぶと良いでしょう。

相手の好みがわからない場合は、やはり現金を包んで贈った方が良いですね。また、お返しは不要ではありますが、お祝いを頂いたらていねいなお礼状を送りましょう。後日、成人式の記念写真を見てもらうと良いですね。

 

就職祝いは卒業祝いを兼ねてもOK!

学校の卒業祝いと就職祝いの二つが重なってしまう場合があります。両方贈るのは少し負担が大きいですよね。こんな時は、学校の卒業祝いと就職祝いを一緒にして、就職祝いとして贈っても大丈夫です。

これから一人暮らしをする相手には、家電製品やキッチン用品などの生活用品、ネクタイやネクタイピン、ベルトなどの役に立つ実用品が喜ばれます。

 

 

【祝儀袋】

卒業祝い

  • 表書き   「祝御卒業」、「御卒業御祝」。
  • のし、水引 のし付きで赤白蝶結び。
  • 時期    卒業式後3月中までに。
  • 金額    中学校卒業5000~1万円、高校・大学卒業1~2万円
  • お返し   不要。

 

就職祝い

  • 表書き   「御就職御祝」、「祝御就職」など。
  • のし、水引 のし付きで赤白蝶結び。
  • 時期    初出勤前までに。
  • 金額    1~2万円(成長に応じて変更)
  • お返し   初任給または初ボーナスで贈り物をする。

 

成人のお祝い

  • 表書き   「御成人御祝」、「祝御成人」。
  • のし、水引 のし付きで赤白蝶結び。
  • 時期    成人式前までに。
  • 金額    5000~2万円
  • お返し   不要。

 

【就職祝いのお返し】

就職祝いを頂いたら、すぐに本人がお礼状に感謝の気持ちを込めて相手に伝えるようにしましょう。お返しの品は親がするのではなく、必ず本人が初任給か初ボーナスにハンカチ、食器や菓子折りなどの相手の負担にならないようなものを贈るようにして下さい。

 

 

《サトウ》 卒業や就職など今までの生活から新しい生活に変わる転換期なので、生活に役立つものを頂けるとすごくありがたいですね。また、就職祝いのお返しは社会人として本人がするべきことなので親任せにしないようにしましょう。

 

 


-マナー, 贈答

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.