マナー 贈答

毎年続けて贈るべき贈り物!?

更新日:


前回までの投稿では祝儀袋・不祝儀袋に関することを中心とした基本的なことやお祝い・お見舞いの大まかな種類をご紹介いたしました。

 

結婚祝いや季節の贈答など種類のすべてをご紹介したわけではありませんが、それでも十分に覚えきれるほどの量ではなかったと思います。

 

そんな時はぜひ「マナーのすべてがわかる便利手帳」目を通してみてください。きっとマナーを必要とするときに役立つでしょう!

 

  

成長のお祝い

  

お中元・お歳暮

 

日頃の感謝を込めて贈る!

お中元・お歳暮は感謝を込めた季節のあいさつで、お世話になった方やお世話になっている方に贈ります。お中元・お歳暮は原則、一度きりではなく毎年続けて贈るものです。

贈る相手を増やしすぎると贈ること自体が大仕事になってしまうのであらかじめ贈る相手を決めてから準備し始めましょう。

お世話になった恩師や、上司など末永くお付き合いしたい方に贈るのが一般的です。

 

【贈り方】

お中元

  • 時期 7月初め~7月15日のお盆まで。お盆が8月の地域は7月の終わり~8月15日まで。
  • おすすめの品物 飲料水、アイスなどのデザート、ビール、旬の果物、ギフト券など

 

お歳暮

  • 時期 12月初め~20日ぐらいに手元に届くように。
  • おすすめの品物 ビール、ギフト券、缶詰、ハム・ソーセージなど

 

【予算の目安】

  • 勤務先の上司   3~5千円
  • 取引先      3~5千円
  • 親・親戚     5千円
  • 友人・知人    3~5千円
  • お世話になった人 5千円~1万円

 

贈る時期が遅れると表書きが変わる!

お中元・お歳暮は贈る時期が決まっており、時期がずれると表書きを変えなくてはいけなくなるので注意しましょう。

お中元は7月15日が過ぎると「暑中御見舞」となり、目上の人には「暑中御伺」になり、8月6日ごろの立秋以降なら「残暑御見舞」「残暑御伺」になります。

お歳暮は1月7日までなら「御年賀」となり、2月3日ごろになってしまったら「寒中御見舞」で贈ります。目上の人には「寒中御伺」になります。

 

お中元・お歳暮は贈るのをやめるにもマナーがある!

・いきなり贈るのをやめる

お中元・お歳暮は贈り続けることが基本で、贈るのをやめる場合は正しく段階を踏まないといけません。まずはお中元をやめてお歳暮だけ贈り、次の年にお歳暮もやめるようにしましょう。

 

・お中元を贈ったのにお歳暮を贈らない

お中元・お歳暮は両方贈るのが基本です。もし片方だけ贈るようにしたい場合はお歳暮を一年間のお礼として贈りましょう。

 

 

 《サトウ》 私も一人だけではありますがお世話になっている人にお中元・お歳暮を毎年贈っていますがおつきあいが続く限り贈り続けたいですね。また、表書きが変わってしまい分かりにくくなるので出来るだけ贈る時期を逃さないようにしたいですね。

 


年始の挨拶

 

元日に年始の挨拶は避けよう!

年始の挨拶では、親戚や上司、お世話になっている方を訪問し、旧年中のお礼と新年のおつきあいをお願いします。基本的に玄関先で挨拶をすませて手短に失礼します。長居をするのは控えるようにしましょう。

「お年賀」ののし紙をつけて酒などを手土産として持参しましょう。元日は家族でゆっくりと新年を祝うものです。元日に訪問するのは避けるようにしましょう。2日~5日ぐらい、遅くとも7日までには伺いましょう。

 

お年玉は目下の人に!

年始の贈り物で子供たちに渡すお年玉があります。本来、お年玉は目上の人が目下の人に分け与えるもので、上司の子供に渡すときは注意してください。「図書料」などで現金を、または図書券などを「お年賀」として渡すと良いでしょう。

「お年賀」としてお年寄りにもお年玉を渡しても構いません。また、お年玉を包まずに渡すのはマナー違反になります。きれいな紙でもいいので包むようにしましょう。

 

 

【ポチ袋・のし紙】

お年玉

  • 表書き   「お年玉」
  • のし、水引 のし付きで赤白結び。
  • 時期    元日~7日まで。
  • お返し   不要。お礼のあいさつを子供にさせる。

 

お年賀

  • 表書き   「御年賀」、「新年御挨拶」など
  • のし、水引 のし付きで赤白結び。
  • 時期    元日~7日まで。
  • お返し   不要。

 

 

【ポチ袋・のし紙】

お年賀

  • 親戚     500円~1000円
  • 知人     500円~1000円
  • 勤務先の上司 500円~1000円

お年玉

  • 未就学児 500円~1000円
  • 小学生  1000円
  • 中学生  3000円
  • 高校生  5000円

 

 

《サトウ》 お中元・お歳暮と違い、お世話になっている人が遠方に住んでいるため、お伺いが大変なため少し申し訳ないですが私は電話で新年の挨拶をしています。もし、おつきあいの幅が広がったらお伺いしに行きたいですね。

  

 

 


-マナー, 贈答

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.