マナー 葬儀

意外と間違っている人がおおい?手水の儀正しい順番

更新日:


神式の葬儀

 

玉串奉奠は焼香の替わり

神式での葬儀・告別式は葬場祭と呼ばれ、斎場や自宅で行われるものです。

神式だと言われると神社で行うものだと思うかもしれませんが、神社は神の聖域にあたるため、神社で行われることはありません。

会場に入るときは、「手水の儀」と言われる水で手と口を清める習わしを行います。

祭壇前には玉串案が置かれており、会葬者は榊の枝に四手をつけた玉串を玉串案にお供えします。

玉串をお供えしたら、二礼二拍手一礼をして拝礼します。弔事での拍手は「しのび手」といい、音を立てずに手を叩きます。

これを玉串奉奠といい、仏式の焼香にかわるものになります。

 

 

手水の儀

水で手と口を清める慣わし。

 

  1. 右手で柄杓を持ち、みずをすくって左手にかける。柄杓にすくった水は3回に分けて使うか、必要に応じて再度くんで使う。
  2. 柄杓を左手に持ち替えて、右手に水をかけて清める。
  3. 再び、柄杓を右手に持ち替え左手に水を受け、口を漱ぐ。
  4. 左手に水をかけてから、残った水を柄杓の柄に流して清める。
  5. 口元や手についている水をハンカチか懐紙でぬぐう。

 

 

葬場祭と告別式の進行

 

葬場祭

1,一同手水着席

手と口を清めて、席に着きます。

2,開式の辞
3,修祓の儀

斎主がお祓いををするため、一同起立します。頭を低くしてこれを受けましょう。

4,奉幣・献饌

楽が奏でられている中、副斎主が供物をお供えします。

5,斎主祭詞奏上

斎主が故人の死を悼み、業績評価や人柄を紹介します。

6,しのび詞奏上

副斎主が故人の慰めるために楽を奏でます。

7,弔辞・弔電披露
8,玉串奉奠

祭壇に玉串を捧げる。その後、「二礼二拍手一礼」で拝礼をします。

9,神職退場
10,閉式の辞

 

告別式

11,開式の辞
12,会葬者玉串奉奠

一般の会葬者が玉串を祭壇に捧げます。

13,閉式の辞

 

 

玉串奉奠

1,神官から玉串を受け取り、右手で玉串の根元を持って、左手は下から葉先を支えた状態で胸の高さまでささげて持ちます。

 

2,玉串は胸の高さから下げないように持ちます。祭壇の前に進み出て、祭壇の手前でお辞儀をしましょう。

 

3,玉串を時計回りに回して、根元を自分の方に向け、根元を左手に持ち替えます。その後、右手は葉先を下から支え、時計回りに180度回して根元を祭壇側に向けます。

 

4,玉串を祭壇前の玉串案にささげて下がって、二礼二拍手一礼を忘れずに行います。神官と遺族に一礼をして、席に戻りましょう。

 

 

仏教用語を使わない

神式の「成仏」「冥福」「供養」などの仏教用語は使用しません。「永別」「御霊のご平安」などの表現を使うようにしましょう。

また、「お焼香させていただきます。」を「拝礼させていただきます」と言い換えましょう。


-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.