マナー 葬儀

葬儀式と告別式の違い。長時間の正座によるしびれの対策とは?

更新日:


葬儀式と告別式への参列

 

葬儀式と告別式

葬儀式と告別式は本来別の儀式で、大正時代になるまでは告別式は行われてはいませんでした。

葬儀式は亡くなった人(故人)が生きている人にお別れをする儀式であり、告別式は生きている人が亡くなった人にお別れを告げる儀式になります。

現在はこの葬儀式と告別式を葬儀・告別式として、一つの流れとしてまとめて行うケースが多くなっているため、葬儀式と告別式の区別がなくなってしまっていますが本来はこの二つは別の意味を持つものでした。

一般の弔問客は葬儀式に最初から参加するのが一般的になっています。

葬儀式と告別式の進行

 

葬儀式

1,参列者着席   遅くとも5分前には着席しましょう。

2,僧侶入場

3,開式の辞    司会者が葬儀の始まりを告げます。

4,読経      僧侶による読経を行います。

5,弔辞・弔電披露 

弔辞があれば、代表者が読み上げ、弔電がある場合は司会者が披露します。

6,焼香      喪主、遺族、親族、友人・知人の順番に焼香をします。

7,閉式の辞

葬儀式と告別式を分けて行う場合は、このタイミングで小休憩をはさみます。葬儀式と告別式をまとめて行う場合は、一つ前の「焼香」で参列者全員が焼香を終わらせます。

 

告別式

8,開式の辞

9,会葬者焼香

僧侶の読経が行われる中、一般参列者が順番に焼香していきます。

10、僧侶退場

11、閉式の辞

 

 

長時間の正座の仕方

葬儀式や告別式では長時間正座をし続けることがあります。武道や茶道をやっていなければ足がしびれてしまいます。

足のしびれを防止するためにおしりとかかとの間に薄い板をはさんでいるような気持ちで、重心をなるべく前方にかけるようにしましょう。

また、定期的に左右に重心を移動させ、しびれにくくしましょう。

 

ポイント

  1. 背筋を伸ばす
  2. 手は指先をそろえ、膝の上に置く
  3. 足は重ねなくても大丈夫
  4. 膝頭が開かないように注意
  5. 重心を前に
  6. 左右に体重移動

 

 

弔辞を依頼されたら

職場代表や友人代表で弔辞を頼まれることがあり、もし、依頼されたら出来る限り引き受けるようにしましょう。

文章をしっかりと考え、準備をして弔辞を読むときに感情的になりすぎないように気を付けましょう。

弔辞は奉書紙か巻紙に薄墨を使って毛筆で書くのが正式になりますが、白無地の便せんにペン書きでも構いません。

ゆっくり読んで、読み終える時間が3分で終わらせられるように心がけましょう。

読み終わったら遺族が保管をするので、ていねいに書くことが大事です。

 

 

弔辞の上包みの折り方

1,奉書紙の中央に巻紙を置き、右側、左側の順番に折っていきます。

2、上下を裏側に折りこんで、「弔辞」と書きます。

 

 

弔辞の手順

1,上包みを開き弔辞を取り出す。

2,上包みをていねいにたたみ、その上に弔辞を乗せる。

3,弔辞を胸の高さに持ち、弔辞を読む。

4、読み終えたら弔辞をもとのように包みなおし、祭壇に向けて供る。

 

 

通夜の時に香典を出していたら

香典は通夜でも葬儀・告別式でもどちらで持参しても問題ありません。

香典を通夜も時に持参しているなら葬儀・告別式に持参する必要ないので、受付で「お通夜にもおうかがいしました」と伝えて、記帳だけ忘れないようにしましょう。

 



-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.