マナー 葬儀

意外と知らない焼香の作法!あなたは正しく出来ますか?

更新日:


通夜に参列する

 

通夜はごく親しい人が参列

通夜とは、本来は特に親しい人が集まり、故人との最後の一夜をともに過ごしもの。

現在の一般的な午後6~7時頃から2時間程度で終わる「半通夜」ではなく、かつては夜通しやるものでした。

通夜の受付をすませて、案内にしたがって会場入りをします。

会場によって異なりますが、席は祭壇に近い方が遺族や親族の席になるため、間違えないように案内の係役の指示をよく聞くようにしましょう。

 

 

通夜の進行

1、一同着席

僧侶が入場する前に、遺族、親族、参列者が着席します。

 

2、僧侶入場、読経

僧侶が入場し、通夜のお経が始まります。静かに拝聴しましょう。

 

3、焼香

「お焼香をどうぞ」と言われたら、喪主から血縁が濃い順に焼香をしていきます。

 

4、法話、僧侶退場

僧侶が故人の人柄をしのびながら法話をし、法話終了後は僧侶は退場します。

 

5、喪主挨拶

遺族の代表として、喪主がお礼の挨拶を述べ、通夜ぶるまいの席に案内します。

 

6、通夜ぶるまい

故人をしのんで簡単な食事をします。

 

 

席の順番(焼香台に近い順)

  1. 喪主
  2. 遺族
  3. 近親者(知人・友人)
  4. 親戚
  5. 世話役代表
  6. 恩師
  7. 知人・友人
  8. 会社関係者
  9. その他

 

 

通夜ぶるまい

僧侶の退場後、簡単な食事や酒が用意されている通夜ぶるまいという席に案内され、すすめられたら遠慮せずに出来るだけ受けるようにしましょう。

通夜ぶるまいは、故人とともに最後にする食事で、席につき、食事を一口頂くだけでも構わないので参加することが大事です。

この席では、久しぶりの友人にあう可能性もありますが、話す内容は故人の関係したことのみを話題にする用意しましょう。

長居をしすぎないように、早めに引き上げるようにすると良いでしょう。

 

 

通夜の弔問の仕方

1、受付で「このたびはご愁傷様でございます」などのお悔やみの挨拶をする。受付がない場合はそのまま香典はもっていましょう。

2、香典を渡すときは、ふくさから香典を取り出し、ふくさにのせて、「御霊前にお供えください」と言って、両手で差し出しましょう。

3、楷書でていねいに芳名帳に記帳をします。記帳後は式場内の指定された場所に座ります。

4、焼香の順番が来たら霊前に進み、一礼してから焼香をして合掌をします。受付がなかった場合は、ここで香典を供えます。

 

 

代理出席

夫の代理での出席の場合は、芳名帳に夫の氏名を書き、その下に「内」と添えておきます。

上司の代理であれば、上司の役職や部署、氏名を記帳し、そのすぐ横に代理と書いて自分の氏名を書きます。

遺族とあいさつする場合は、「このたびはご愁傷様でした」などのあいさつをした後、自分の身分や故人との関係を伝えましょう。

友人の香典を預かってきた場合は、自身の記帳をすませた後、友人の記帳をしたうえで「代理」書きます。

 

 


焼香と数珠の作法

 

焼香の種類と手順

立礼焼香

  1. 左手に数珠を持って、遺族と僧侶に1礼。祭壇の一歩手前で、遺影に一礼をする。
  2. 焼香台まで進んだら、親指と人差し指、中指で抹香つまむ。お辞儀をするように目の高さまで抹香を持ち上げます。
  3. 航路の周りに静かにまき落として、回数は喪主にならいそろえましょう。
  4. 合掌し故人の冥福を祈り、一歩下がって一礼し、僧侶と遺族にも一礼したら席に戻ります。

 

座礼焼香

  1. 中腰で前に進んで、遺族と僧侶に正座で一礼する。
  2. 祭壇の正面に座り、遺影に一礼。
  3. 膝からすり寄るように座布団に座って合掌する。
  4. 立礼焼香と同じように焼香して合掌後、座布団からおりて遺族に一礼。
  5. 遺族と僧侶に一礼して席に戻ります。

 

線香焼香

  1. 左手に数珠を持ち、遺族と僧侶に一礼して祭壇に進んだ後、遺族に一礼します。
  2. 右手で線香を一本取って、灯明に火をつける。
  3. 左手に線香を持ち替えて、右手で線香をあおり、火を消す。息で火を吹き消してはいけません。
  4. 線香を右手に持ち替え、香炉に線香を立てる。
  5. 合掌して故人の冥福を祈って、下がった後、遺族に一礼する。
  6. 遺族と僧侶に一礼をして、席に戻ります。

 

回し焼香

  1. 香炉がまわってきたら、次席の人に「お先に失礼します」という意味を込めた目礼をして、自分の正面に香炉を置きます。
  2. 遺族に一礼し、立礼焼香と同じように抹香をつまんで、香炉に落とします。
  3. 祭壇に向かって合掌し、その後、香炉を次の人に回します。

 

 

 数珠の使い方

一連数珠

拝むときは、両手の親指と人差し指の間にかけて、両の親指で押さえるようにして合掌します。

使わない時は、左手に房を下にした状態で持ちます。

 

長数珠

拝むときは両手の中指にかけて、合掌します。

使わない時は、左手に二重にして房を下にして、かけて持ちます。 

 

 

焼香の回数

仏式の葬儀では、焼香を行って香りで霊前を清め、故人の冥福を祈ります。

立って行う立礼焼香と座ったまま行う座礼焼香があり、会場が狭い場合は回し焼香になることもあります。

焼香は抹香を香炉に落とす方法が一般的で、回数は宗教によって異なり、2~3回となります。

ただし、弔問客が多いときは次の人を待たせないように、焼香の回数を1回だけと指示されることも。

 


-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.