マナー 葬儀

弔問と葬儀の服装は違うの…?!注意したい服装のマナー

更新日:


どうしても弔問の呼び出しは急になってしまうことが多く、準備できてない状態なるのに対して、葬儀は事前に通知されるので礼服に着替えるなどの準備をしていきます。

 

しかし、人によっては急な呼び出しにすぐに対応できてしまう場合がありますが、弔問では準備を万全にした状態で行くと逆に失礼になってしまうのです。

 

今回はそんな、意外とわからなくなる弔問・通夜と葬儀の身だしなみについて解説していきます。

 

 

弔問・通夜の身だしなみ

 

男性の身だしなみ

シャツ

Tシャツや色柄の入ったワイシャツは、白無地のシンプルなワイシャツに着替えます。

 

ネクタイ

黒や紺などの柄入りではない地味なものに替えます。

 

アクセサリー

結婚指輪以外のアクセサリーは外し、目立つようなデザインであれば腕時計も外します。

 

派手な色や柄物は控えましょう。透明なビニール傘でも構いません。女性の場合も同様に派手なものは控えましょう。

 

 

急すぎて対応できない時

特に親しい人の訃報を受けたときは、とにかく駆け付けることが大事になります。服装などが対応できない場合は、口紅を抑えたりできる範囲のことをしましょう。

「出先から駆け付けたためこのような服装で申し訳ございません。」とお詫びの言葉を忘れずに。

 

 

女性の身だしなみ

メイクと髪形

口紅は派手ならふき取り、化粧は控えめにしましょう。髪は出来るだけシンプルになるようにまとめます。

 

服装

腕や胸元など肌が露出しすぎている場合は黒のカーディガンなどを羽織ります。通夜の席でジャケットが派手な場合は脱いで紙袋に入れましょう。

 

バッグ

エナメルやゴールドの金具で派手なものはジャケットと同じく地味な紙袋に入れて対処しましょう。

 

ストッキング

ストッキングは簡単に手に入ります。黒かナチュラルなベージュの物に履き替えてください。

 

つめ

マニュキュアは薄めのナチュラルカラー以外は落とします。スカルプチュアが取れない場合は、光沢のない黒レースの手袋をはめましょう。

ただし、お焼香の時に手には外すことになるので、あまり人目につかないように気を付けてください。

 

 

駆け付けるときは

急な訃報で出先から弔問に駆け付ける場合は、ある程度のの服装の失礼は仕方がないかもしれません。

しかし、弔問にふさわしい服装に近づけていくことはできます。遺族の気持ちを察し、身だしなみを少しでも整える配慮を欠かさないように。

アクセサリーを外したり、化粧を落とすのは当然です。今ではストッキングや靴下、除光液も簡単に手に入るので手元にない場合は、買って対応しましょう。

 

 

 


葬儀の身だしなみ

 

一般弔問者は準喪服

一般の弔問者は遺族や親近者が着る正式な喪服ではなく、それよりも格を下げた準喪服を着用することになります。

女性の場合は、黒のアンサンブル、ワンピースなどのスカートが基本になりますが、デザインがシンプルかつエレガントなものであればパンツスーツでも構いません。

パンツスーツにする場合は、丈の短いブーツをはいても良いでしょう。逆に光沢のある素材や透けるものはスカートが黒だとしても不向きになってしまいます。

和服の場合は紫やグレーなど色無地に黒の名古屋帯が一般的です。

 

 

男性の装い

シャツ

シャツは白無地のワイシャツ。

 

ネクタイ

ネクタイは黒で、タイタックやカフスはシルバーが無難です。

 

服装

準喪服はシングルかダブルのブラックスーツが基本で、濃紺やダークグレーでも大丈夫です。

 

仕事で使うような黒色のシンプルデザインの鞄にしましょう。

  

アクセサリー

弔問時と違い、派手かどうか関係なくアクセサリー類と腕時計も外しておきます。つけてよいのは結婚指輪のみとなります。

 

靴は黒色で光沢のないデザインの物を。靴下も黒色で統一しましょう。

 

 

女性の装い

メイク

薄化粧でアイシャドウはブラウンやグレーなどの落ち着いたものを使い、口紅も合わせて控えめな色にしましょう。香水はつけてはいけません。

 

髪型

黒の髪留めやバレッタで顔に髪の毛がかからないようにしましょう。

 

アクセサリー

パールやオキニスなどの一連のネックレスをつけて初めて正装になります。

 

服装

準喪服は黒色のスーツ、ワンピース、アンサンブルなどで、紺やグレーの地味な色のスーツやワンピースなどの略式喪服でも構いません。

 

ストッキング

黒無地なもの、もしくはナチュラルベージュのストッキングを使用しましょう。

 

バッグ

バッグは黒い布地の物が一般的で、用意できない場合はそれに準じた控えめなものを選びます。

 

黒のパンプスを着用します。サンダル、オープントゥ、ブーツなどはどれも適していないため、NGです。


-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.