マナー 葬儀

葬儀の種類によって異なる供物と供花。正しいのはどれ…?

更新日:


香典・供物・供花

 

香典は故人に合う不祝儀袋を

香典は故人の宗旨によって使用する不祝儀袋が異なり、宗旨がわからない場合は「御霊前」と書かれた不祝儀袋を使用しましょう。

蓮の花が印刷されたものは仏式のみで使用するので、無地の物を選ぶように注意してください。

香典には何かと負担の大きい葬儀の相互扶助の意味が込められています。金額に決まりはなく、迷った場合には少し多めに包むようにしましょう。

夫婦で列席する場合は、香典は一つで、金額も結婚式のように二人分にする必要はありません。

 

 

不祝儀袋

無宗教

  • 表書き    「御霊前」。
  • 水引 黒白または双銀の結び切り。
  • 柄      無地。
  • 時期     通夜または葬儀・告別式。
  • 金額     近所の人・職場関係者3~5000円、親戚1~3万円。

キリスト教式

  • 表書き    「お花料」。
  • 水引     なし。
  • 柄      ユリの花や十字架が印刷されたもの。
  • 時期     通夜または葬儀・告別式。
  • 金額     近所の人・職場関係者3~5000円、親戚1~3万円。

 

神式

  • 表書き    「玉串料」「御柳料」「神饌料」。
  • 水引     黒白または双銀、双白の結び切り。
  • 柄      無地。
  • 時期     通夜または葬儀・告別式。
  • 金額     近所の人・職場関係者3~5000円、親戚1~3万円。

 

仏式

  • 表書き    「御霊前」。
  • 水引     黒白または双銀の結び切り。
  • 柄      蓮の花、無地。
  • 時期     通夜または葬儀・告別式。
  • 金額     近所の人・職場関係者3~5000円、親戚1~3万円。

 

通夜や葬儀に出席できない場合

出張中であってたり、入院中などでどうしても出席できないこともあります。そんな場合は弔電を送り、その後、お悔やみを添えて香典を初七日までに送りましょう。

 

  

供物・供花

供物と供花の金額の目安は両方とも1万~1万5000円程度で葬儀社などに指定されている場合は規定に従いましょう。

 

供物

  • キリスト教式  なし。
  • 神式      果物、干菓子、酒。
  • 仏式      線香、抹香、ろうそく、果物、干菓子。

 

供花

  • キリスト教式  ユリ、カーネーションなどの白い生花。
  • 神式      白菊、ユリなどの生花、花輪。
  • 仏式      白菊、ユリなどの生花、花輪。

 

 

自分の親の葬儀で香典を出す場合

一般的に同居していた場合は香典を出す必要はありません。香典を包むのは別に所帯を構えている場合になります。

ただし、各々の家や地域などで異なるので、兄弟や親戚、知人などに相談してみると良いでしょう。

また、葬儀式や告別式に参列していない場合は、お悔やみ状を添えたうえで香典を郵送しても構いません。


-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.