マナー 葬儀

訃報が届いた…正しい弔問のタイミングとは?

更新日:


弔問の時期と対応

親しい人の訃報

臨終直後、親戚や特に親しい人に限られて知らせが来ます。知らせが来たら場所を確認し、お悔やみに駆け付けましょう。

この時、電話口で死因や臨終の様子などを聞くのは控えてください。また、ほかに連絡するべき人がいたら、連絡を引き受けるよう申し出ましょう。

 

 

訃報の伝える

訃報を受け、ほかの人に連絡をすることを引き受けた場合は、連絡先を確認しておきましょう。すでに連絡が言っている場合や、あえて連絡しない場合もあります。

故人が職場関係者の家族であれば職場関係者に、友人なら他の友人に連絡をするのが一般的です。

 

 

弔問の時期

通夜に参加するか、葬儀・告別式に参加するかは故人との関係によって異なります。臨終に駆け付けるほど親しいなら、すべてに参加するべきです。

故人とそこまで親しくないのであれば、葬儀・告別式に出席するのが正式ではありますが、昼間に都合がつかないためかわりに通夜に参加する人が増えています。

 

通夜

遺族や親しい人が故人と最後の夜をともに過ごすもの。

 

葬儀式・告別式

葬儀式は宗教の儀式で、告別式は故人と縁のある人がお別れをするためのもの。葬儀式と告別式は「葬儀・告別式」として分けることなく、一つの流れとして行われることもあります。

 

 

故人との関係と弔問の時期

葬儀式と告別式を分けずに、葬儀・告別式として合わせて行う場合がほとんどで、通夜にも出るほど親しい人は葬儀・告別式にも参列することになります。

訃報を受けてすぐの「とりあえず弔問」は、特に親しい人が遺族を励まし、力になるために駆け付けること。あまり親しくないのであれば失礼して構いません。 

 

すぐに駆け付ける~告別式

・近親者

出来るだけ早く駆け付けて、遺族を励まし、通夜などの準備を手伝う。

 

直属の上司、親しい同僚

親しい同僚であれば職場を代表してすぐに駆け付け、職場からの手伝いが必要なら職場への連絡の手配を。

 

親しい友人、知人

身内同然の付き合いならば、すぐに駆け付けてお悔やみを。

  

通夜~告別式

友人、知人

故人とは親しいが家族に面識がない場合は通夜と葬儀・告別式に参列する。

  

葬儀式・告別式

  • 同窓生
  • 家族の知り合い
  • 仕事関係、取引先
  • 隣近所の人

 

 


弔問の作法

 

玄関先で失礼する

弔問に伺ったら、玄関先でお悔やみを伝えて帰ります。遺族にすすめられた場合のみ中に入りますが、事故で亡くなった場合は弔問自体を控えるケースもあります。

よほど親しくなければ、葬儀・告別式に伺いましょう。

 

 

駆け付けるときの服装

知らせを受けて駆け付けるときは、喪服を着ていくとかえって用意が良すぎて失礼に当たるため平服で構いません。

駆け付けるときは、香典を持参しません。香典は、通夜または葬儀・告別式で渡します。

 

職場から直行

職場から直接向かう場合は、男性ならビジネススーツのままネクタイを地味なものに変えます。女性も通勤着のままで構わないですが、派手なアクセサリーは外しましょう。

 

家から向かう

家から向かい場合は、グレーや紺のダーク系スーツやワンピースで、手伝いことを予想し女性は白のエプロンを持参しておきましょう。

 

 

故人との対面の仕方

1、故人の枕元に正座し両手を床についてていねいに一礼する。

 

2、遺族が白布をとったら、故人の顔を軽く見つめお別れをします。この時、故人には触れないでください。

 

3、仏式の場合は合掌して冥福を祈り、一礼をします。

 

4、膝をついたまま軽く下がり、遺族に一礼をしてからその場を離れましょう。

 

 

慶事と弔事

慶事と弔事が重なってしまう場合がありますが、その場合は弔事を優先します。時間に余裕があるなら両方参加しても構いません。

慶事のために弔事に遅れてしまった場合は、明確な理由は述べずに「どうしても都合がつかず遅くなりました」と伝えましょう。

 

 

故人との面会

故人との面会は遺族から勧められない限りは、自分から対面を申し出るのはやめましょう。もちろん、勝手に白布をとるのもダメです。

すすめられたら遺族に感謝して受けましょう。どうしても気が進まない場合は「辛すぎるので」と対面をお断りしても構いません。


-マナー, 葬儀

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.