マナー 結婚

披露宴中に子供が泣き出してしまった…?!子供連れで参加するための準備とは!

更新日:


披露宴の後

披露宴のお開き

披露宴がお開きになったら、退出の支度をします。

ナプキンを軽くたたみ、テーブルの上に置いて、テーブルに用意されていたメニュー表や席札、席次表を引き出物と同じく持ち帰りましょう。

両隣の人に「ありがとうございます」とあいさつをしてから、席を立ちます。出口では、新郎新婦たちがお見送りの為、待っています。

もちろん、支度が済めば速やかに退出するようにしましょう。

 

 

お礼とお祝いの言葉

お見送りをしてくれる新郎新婦には、長話にならない程度の招待へのお礼とお祝いの言葉をかけましょう。

話したいことがある場合は、「また落ち着いてから、ゆっくり会いましょう」とその場では話さず次の機会にして、離れるようにしてください。

新郎新婦との記念撮影を取るときも後がつまってしまいますので、いつまでも二人を独占せずに周りへの細やかな気配りを欠かさないようにしましょう。

 

 退出が早すぎてもダメ?!

披露宴のお開きの合図が出てからすぐに席を立ち、退出のために出口に直行するのは失礼になります。もちろん、帰りの挨拶を新郎新婦にしないことになるので気をつけてください。

退出の際はまわりの人との間を見ながら席を立ち、スムーズに退出しましょう。

 

 

退出時

ポイント

  • 挨拶は手短にする。
  • 両隣の人に挨拶をしてから席を立つ。
  • 年配の人を先に退出させてあげるように気配りを。

 

NG

  • メニュー表、席次表、席札などをテーブルの上に残していかない。
  • 退出後に出口付近で集まって長話などをしない。

 

 

お祝いの言葉

退出するときお祝いを新郎新婦に一言伝えましょう。お祝いの内容は披露宴の感想や招待のお礼、はなむけの言葉などを短くまとめて伝えると良いでしょう。

 

退出時のお祝い言葉 例

  • 「お招き頂きありがとうございました。心に残る素敵な披露宴のでした。どうぞお幸せに。」
  • 「とても素敵な披露宴でした。ありがとうございました。」
  • 「私まで胸がいっぱいになりました。末永くお幸せに。」

 など

 

 《サトウ》披露宴では思いのほか盛り上がってしまうことがありますよね。

結構、披露宴が終わった後にテンションが上がっていたり、久しぶりに会った友人と話し込んでしまうなど、周りが見えなくなってしまうことがあるので気を付けたいですね。

 

 


子供を連れての参加

小さい子供は極力連れて行かない

結婚披露宴には「子供と一緒に」という申し出が新郎新婦からあった場合を除き、基本的に子供は連れて行かないのがマナーです。

小さな子ほど大人しくしていられないため、周りに迷惑をかけてしまう可能性が高いです。

どうしても当日に子供を預けることが出来そうにない場合は早めに先方に相談するようにしましょう。

当日になって急に子供を連れて行くと先方にとても気を使わせてしまうことになります。絶対にしないようにしましょう。

 

 

子供の服装

女の子

基本的に服装はワンピース、ツーピースや制服。白と紺の組み合わせの装いが、フォーマルになりやすい。

黒の革靴と白のソックス。

 

男の子

制服、もしくはブレザーにズボン、蝶ネクタイで正装風にする。

黒の革靴と白のソックス。

 

 

ぐずり対策

お気に入りのおもちゃ

子供が好きな絵本や小さめのおもちゃを持参して、子供が退屈しないようにしてあげましょう。

やむを得ず静かにさせるためにゲームを与える場合は同席する人に一言断りを入れるようにしてください。

 

ベビーカーは事前に相談を

乳児はベビーカーに乗せて寝かせておくと安心です。事前にベビーカーの持ち込みがOKか相談してみると良いでしょう。

式場によって異なりますが、ベビーベッドの貸し出しをしてくれるところもあります。

 

席は出入り口付近に

子供はトイレが我慢できなかったり、飽きてしまい騒ぎ出す可能性が高いので、騒ぎ始める前に適切な対処が出来るようにしっかりと準備をしておきましょう。

  • いつでも中座できるように席を出入り口付近に用意してもらう。
  • 披露宴で最低限してはいけないことを子供に教えておく。
  • 騒がないように約束をしておく。
  • 披露宴の開宴前にトイレに行かせておく。

 

《サトウ》実は先日、友人の結婚披露宴に参加しまして、その際に披露宴中に子供が泣き出してしまったお母さんが凄い勢いで中座していったのを見ました。

しっかりと準備をされていたようで席が出入り口付近なのはもちろん、式場のスタッフにもちゃんと話が通っているようですぐに対応されていたのでやはり子供を連れてくるのは大変だなと改めて思いましたね。



-マナー, 結婚

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.