マナー 結婚

披露宴の服装にもマナーが!?正装にも小さなオシャレを!

更新日:


 

 

服装のマナー

男性招待客の装い

 

モーニング・タキシードは親近者が着用!

招待客の服装は、新郎新婦の装いよりも1ランク下げるのが基本で、モーニングやタキシードといった正礼装は親近者がする装いのため一般の招待客は着用しません。モーニングは昼間、タキシードは夜に着用するものです。

一般の招待客は慶弔区別なく着ることのできるブラックスーツが主流で昼間でも夜でも披露宴に着用できます。

また、格式の高い披露宴では昼間はディレクターズスーツ、夜はタキシードになる場合もあります。

 

 

【男性招待客の装い】

  • スーツ  ブラックスーツまたはダークスーツ。夜のみタキシードの着用可。
  • シャツ  白のレギュラーシャツ。
  • ネクタイ シルバーグレーと黒のストライプ光沢のあるシルバーグレーのネクタイ、アスコットタイなど。夜なら蝶ネクタイも可。
  • 小物   白のポケットチーフやカフスでドレスアップする。ダークスーツの場合は、ポケットチーフの色をネクタイの色に合わせて。
  • バッグ  男性でも披露宴でバッグを持っても大丈夫。小さめのものを選ぶ。
  • 靴    黒のしっかり手入れされた革靴。

※会場でスーツに着替える場合は、ガーメントバッグに入れて持参するようにしましょう。

 

 

ワンランク上の着こなしをしよう!

ブラックスーツはシングルでもダブルでもどちらでもよく、シングルの場合は、ベストを着用しておくと正式になりますね。

胸元は、礼装用の白のポケットチーフを着用するのが正式です。ネクタイはシルバーグレーと黒のストライプかシルバーグレーももので夜は蝶ネクタイでも大丈夫です。

濃紺やチャコールグレーのダークスーツでドレスシャツ、光沢のあるネクタイを合わせれば略礼装として十分なためカジュアルな披露宴では着用しても構いません。

 

平服も場合の服装!

平服は「正装でない服装」という意味ですが、ジーンズなどの完全な普段着はあまりお勧めできません。ビジネススーツの紺またはグレーがベストです。

明るい色のネクタイで、シャツを紺やグレーのダークスーツに合わせるようにすると良いでしょう。

 

親族のみ着物スタイル可!

和装の正礼装は黒羽二重(くろはぶたえ)、五つ紋付羽織袴(はおりはかま)の二種類で、新郎新婦の父親などの親族が着るものになります。

一般の招待客が和装する場合は、三つ紋付の羽織袴の準礼装もしくは一つ紋付の着物に袴の略礼装を着用できます。二次会であれば着流しスタイルでも構いません。

 

 

【ポケットチーフの作り方】

礼装でのおしゃれはポケットチーフでさりげなくすると良いでしょう。最もフォーマルな折り方のスリーピークスは

  1. 広げたチーフを三角形になるよう、対角線で折る。
  2. さらに半分に折る。
  3. 角を少しずらして折る。
  4. もう一度角をずらして折る。
  5. ポケットの深さと幅に合わせて折り、形を整える。

 

 

《サトウ》 一般の招待客で、ほとんどがブラックスーツ、ダークスーツになるとはいえやはりオシャレに決めたいものですよね。

そんなときは胸元、ポケットチーフで周りと差をつけると良いでしょう。ポケットチーフには黒や白だけでなく、青や赤、パステルカラーなど多岐にわたります。

また、ポケットチーフの折り方も上記でご紹介した「スリーピークス」以外にも「パフ」、「クラッシュ」、「TVホールド」など状況に応じて使えるものもあるので知識として覚えておいて損はないと思います。

私の特に気に入っているポケットチーフの色は誠実や冷静、清廉などの印象が強いやや濃いめの青です。ぜひ、ご自身に合ったものを探してみてください。

 

 


女性招待客の装い(洋装)

 

昼と夜の装いの違い!

披露宴の服装ではどうしても華美になりがちですが主役の花嫁を立てて、花嫁よりも目立たない控えめな装いを心がけることが一番大切になります。

昼の正装はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスになりますが、主流はワンピースやツーピースなどで、どちらも昼はあまり肌を露出しないようにするのが基本です。

アクセサリーも昼と夜では違い、昼はパールなどの上品なもの、夜は光物の宝石やゴールドを身に着けると良いでしょう。

また、装いで最も気を付けなければいけないことは、花嫁衣装と同じ一式全て白の服装と黒一色の弔事を思わせてしまうような服装を着用してはいけないことです。

 

 

【女性招待客の装い】

  • 服装       会場の格式にあった装いで白一色は避ける。ファー、皮素材も控える。もちろん、短すぎるスカートや、奇抜なスタイルはNG。
  • アクセサリー   昼はパール、金、銀など。夜は光物も宝石など。
  • ボレロ、ストール 昼は腕を出さないのが正式で、肌が出るドレスを着用する場合は、ボレロやストールを使用して肌の露出を抑える。
  • 帽子、手袋    つばのない小さな帽子。帽子を付けたときは必ず手袋を持つように。また、乾杯の前のは手袋を外すこと。
  • バッグ      パーティー用の布製またはビーズ素材の物、で会場内では小さなバッグ。
  • 靴        ヒールがあるもの。素足にミュールや爬虫類の革ものなどは厳禁。

 

 

「平服で」と言われても!

この場合の「平服で」というのはドレスなどの礼装・準礼装でなくともよいという意味でデニムやニット、皮素材はふさわしくありません。

ドレスアップ時のワンピースやツーピース、スーツなどが好ましく、スーツならビジネスタイプではなく、ドレッシーを選ぶと良いでしょう。

二次会の装い!

披露宴、二次会はどちらも同じ服装で構いませんが、

  • アクセサリーを変える。
  • スカーフを身に着ける。
  • ジャケットを羽織る。

というように、少し変化をつけると良いでしょう。こうすることによって雰囲気を昼と夜で区別することが出来ます。

もちろん、会場に合わせてアイテムを変えてもいいですし、余裕があるなら着替えても良いでしょう。

 

パンツスーツの着こなし!

パンツスーツはビジネススタイルになってしまうと少し浮いてしまうかもしれないので、着用するときは、固いイメージにならないようにソフトな素材を選びましょう。

ドレスアップ時には、光沢感のあるブラウスやレースが入ったインナー、アクセサリーを合わせて着用しましょう。バッグや髪形もビジネススタイルにならないように注意した方が良いでしょう。

 

 

女性招待客の装い(和装)

 

既婚と未婚の和装!

女性の和装は既婚なら留袖、未婚なら振袖というように既婚と未婚で着物の種類が異なります。これらは両親や姉妹などが着るものになります。

もちろん、一般の招待客は格を下げた準礼装で、既婚なら訪問着や色無地紋付、未婚であれば中振袖(袖が75㎝~1mぐらいの物)もしくは訪問着を着用しましょう。

「平服で」という場合には、訪問着、色無地紋付でも構いませんし、付け下げや小紋も着用して良いでしょう。

 

 

【女性招待客の装い】

既婚

  • 着物 訪問着が一般的で、色無地なら紋付が格上。
  • 帯  袋帯を二重太鼓に結ぶ。
  • 履物 光沢のある織物やエナメルなど。

 

未婚

  • 着物 中振袖もしくは訪問着。
  • 帯  振袖なら袋帯で、格調高い結び方。訪問着なら袋帯で二重太鼓に結ぶ。
  • 履物 振袖の場合は振袖用のかかとが高いもの。

 

 

不向きな着物!

着物には素材によって「格」があり、高価な品でも披露宴に向いていないものがあります。

  • 紬の着物
  • ウールの着物
  • かすりの着物

などがふさわしくないとされ、「平服で」という場合でもこれらの着物は適さないため着用が必要です。

 

 

披露宴に遅刻しそう…!!そんな時の対処法とは?


-マナー, 結婚

Copyright© 常識人の一歩を踏み出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.